包茎の種類はひとつだけではない?改善が必要なものも

もっとも軽い包茎「仮性包茎」

包茎の種類は複数あり、そのなかでもっとも軽い症状とされているのが仮性包茎です。仮性包茎は、通常時は皮をかぶっているものの、勃起時には亀頭が皮の外に出てくる状態のことを言います。日本人成人男性の6割以上がこの仮性包茎と言われているのです。勃起時には亀頭が完全に出てきますし、通常時でも自分で皮を剥くことができますので、衛生面においては何の問題もありません。また、性交渉に関しましても、特に支障はないでしょう。

まったく剥けない「真性包茎」

自分で皮を剥くことができる真性包茎とは違い、亀頭を完全に皮が覆っている状態の包茎のことを真性包茎といいます。真性包茎は、勃起時にも亀頭が隠れています。また、自分で皮を剥こうとすると痛みをともなう恐れがあります。亀頭の周りにゴミや垢などがたまりやすい状態となっているため、衛生面でやや懸念があります。また、性交渉を行う際に感じにくくなってしまうという欠点もあります。真性包茎は、主に手術を行うことで解消されます。

もっともひどい「カントン包茎」

自分で皮を剥ける仮性包茎、完全に皮をかぶっている真性包茎、そしてそれよりもっとひどい状態の包茎がカントン包茎です。カントン包茎は、真性包茎と同じく、亀頭が皮で完全に隠れています。真性包茎との違いは痛みを感じるかどうかということにあります。特に勃起時に無理やり皮を剥こうとすると、鬱血し戻らなくなってしまうことがあります。最悪の場合手術が必要になりますので、無理に剥くことはやめた方が良いでしょう。早めの診断がおすすめです。

包茎には、皮は被っているが手でむける仮性と手を使ってもむけない真性、皮が縮んでいて亀頭の根元を締め付けるカントンの3つがあります。